特許を運用するために

コールセンター

特許を正しく運用することは、企業経営を左右しかねない重大な問題です。特許を正しく運用することによって自社の成長を促すこともできますし、逆に沈めてしまうこともあるのです。そでは、正しい特許運営とはどのようなものなのでしょうか。まず、きちんと特許申請を怠らないということが重要です。特許申請は非常に手間がかかるため、専門家に依頼して行う必要があります。しかも、申請にはさまざまな情報を取得することも求められます。したがって、この手間を処理しなければならないのです。自社内で申請を行えることがなかなか難しい理由は、この手続きの煩雑さにあります。そして、新技術などを開発した際には既存の技術について特許申請が行われていないを確認してください。

特許はともすれば、守りにはいるための権利だと考えられがちです。特許とは、新しい技術などを開発した企業に独占的に利用できる権利を与えるものだからです。他社に侵害されないように特許権という権利を付与するのです。しかしながら、特許で攻めの企業経営を行うことも可能です。それでは、どのように特許で攻めるのでしょうか。まず、その特許は自社が独占的に利用できるということを正しく理解する必要があります。特許申請が受理されれば、その権利は自社以外は使えないのです。自社内のリソースと特許の融合で、新たな武器となる自社製品を作れないかを考えるのです。これが、特許による攻めの経営です。既存のリソースト特許を融合させて、新しい力を生みだすのです。